格安航空券はいくつかの種類がある

- 格安航空券はいくつかの種類がある

格安航空券はいくつかの種類がある

航空券には正規航空券と格安航空券があります。
格安航空チケットとは言ってもいろいろな種類が存在しますが、この種類について意識している人たちはいらっしゃるのでしょうか。
格安の航空券にはそれぞれ内容が異なる特徴がありますので、その種類と特徴について知っておくというのは何よりも大切なことです。
知っておいた方が何かと役に立つことはあるでしょう。

航空会社が出している格安の航空券である正規割引航空券

sumaho-kokuken
正規割引航空券と言うのは航空会社が個人に対して直接販売をしている安い航空券のことを言います。
この航空券であれば旅行会社でも航空会社でも購入することができますので、自分が購入したいところで購入をすればいいでしょう。
購入先によって料金が違うということはなく、どこで購入したとしても同じ料金で購入できます。
ただし、割引率が高いものの中には航空会社のWebサイトでないと購入できないものもあります。

旅行会社でしか購入できない格安の航空チケット

狭義の格安航空券と言ったらこちらの旅行会社でしか購入することができないチケットのことを言います。
航空会社からまとめて購入したツアー用の航空券をそれぞれバラで販売しているものです。
まとめ買いをしているということもあり、上記の正規割引航空券に比べて安いこともあります。

LCCと呼ばれるローコストキャリアが販売する航空券

最近注目を浴びている航空会社としてLCCと呼ばれるところがあります。
こういうところでは低価格の航空運賃で就航をしているわけで、そういうところで販売をしている航空券です。
なぜ安くなっているのかと言うと、徹底したコスト削減を行っているわけですが、決して安全性まで削減しているわけではなく、サービスを削減していると言ってもいいでしょう。

それぞれの特徴を把握した上で航空券を選べばいい

格安航空券には航空会社が出している正規割引航空券と旅行会社で購入できる格安の航空チケット、LCCの航空チケットの3種類があります。
3種の特徴を把握した上で購入をするべきです。